住樂工房の流儀

みんなで楽しみながら語らい、それをカタチにする

イノスグループに加盟

イノスグループ独自の施工管理基準・最新の建築情報・技術の反映

住友林業と地域建設会社の家づくりネットワーク「イノスグループ」には、大手住宅メーカーだからこそ可能な最新の情報、技術、独自に構成された厳しい施工基準があります。これを大正2年創業し地域に寝ざしてきた建設会社を母体とする住樂工房が北陸特有の気候風土を加味し、家づくりに反映させています。

イノスグループ加盟店のメリット

イノスグループは、木造注文住宅の実績No.1である住友林業と、私たち地域の建設会社がパートナーシップを結ぶ家づくりネットワークです。
住友林業が培ってきた豊富なノウハウの提供を受けることで、建築技術の革新や、良材を仕入れるシステムが確立できるなど、さまざまなメリットを手に入れることができました。
何より、お客様にとって、建てる時から住んだ後々までご安心いただける安全な家づくりをご提供できることが最大の利点です。
住宅メーカーよりも、地域建設会社よりも、一歩進んだ木の家を。私たちがお届けできます。

高品質木材「PFウッド」で高強度高精度の家を

高品質の構造材を安定して提供するために、一本一本に独自の厳しい検査を実施。節や丸みなどを厳しく検査する「目視検査」、木の強さを測る「強度検査」、厳しい寸法精度検査、含水率測定の4つの検査に合格したものだけを「PFウッド」として出荷しています。「PFウッド」の刻印は安心の証なのです。

構造計算を行い耐震性の高い家づくり

X-CADで構造計算・構造カルテ発行

イノスグループの家は「X-CAD」と呼ばれるコンピューターシステムで、一邸一邸を構造計算。地域ごとの耐震・耐風・積雪などのデータを基に重要なポイントとなる5項目のすべてに合格した建物に、強さの証として「構造カルテ」をお渡しいたします。これにより、構造材に無理や無駄、むらをなくし、適材適所に材を組み、耐震・耐久性の高い安定した構造を実現します。
【構造カルテのチェック項目】
1.壁の量チェック
2.壁のバランス(偏心率)チェック
3.梁の強さ(梁 せい)チェック
4.柱の強さ・座屈・めり込みチェック
5.接合部の強さ(柱の引抜き)チェック

高気密高断熱で一年中快適な家を建てます

次世代省エネ基準高断熱(発砲ウレタン吹付け)

次世代省エネルギー基準を高いレベルでクリアしています。省エネの住まいにすることで1年中が快適になります。
断熱材として、現場発泡ウレタンフォームを吹付けます。約100倍に膨れ上がるので隙間なく施工でき、自己接着性があるので将来的に木材が痩せても隙間ができません。高い断熱効果とともに吸音性能にも優れています。

標準仕様で
信頼の長期優良住宅仕様です

住宅を長期にわたり使用することを目的とした国の制度で、着工前に長期優良住宅の認定を受けることで、補助金交付や住宅ローン減税などのメリットを受けることができます。これは新しい住まいを検討している人にとっては大きなチャンス。
当然認定に受かるということは下記の表のような厳しい性能をクリアされてあるということなのです。
住樂工房は住友林業の「イノスの家※2」と提携しておりますので、標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアできます。

* 長期優良住宅で税制優遇を受けるためには、長期優良住宅の申請と行政による認定を受けることが必要です。
* プラン、地域、商品等により、一部対応が異なる場合があります。
* 性能表示制度を利用される場合は、登録住宅性能評価機関による評価書の交付を受けて、等級が確定となります。

⻑期優良住宅の特徴とメリットとは

平成20年12⽉に「⻑期優良住宅※1の普及と促進に関する法律」が交付されました。これは住宅を⻑期にわたり使⽤することで、廃棄物の抑制による環境負荷の軽減、および建て替えの繰り返しによる国⺠の負担を軽減し、より豊かでよりやさしい暮らしへの転換を図ることを⽬的にしています。つまり、国が住む⼈にも街にも⻑く愛され続ける家づくりを、サポートするというもの。着⼯前に⻑期優良住宅の認定を受けることで、様々な税制の優遇などのメリットを受けることができます。これは新しい住まいを検討している⼈にとっては⼤きなチャンス。住樂⼯房は住友林業の「イノスの家※2」と提携※3しておりますので、標準仕様で⻑期優良住宅の基準をクリア※4できます。

※1⻑期優良住宅で税制優遇を受けるためには、⻑期優良住宅の申請と⾏政による認定を受けることが必要です。
※2「イノスの家」とはイノスグループ会員が建てる家で、各種条件が付帯された家です。
※3住樂⼯房では「イノスの家」以外の物件、⼯法の家でも認定を受けることが可能です。
※4⻑期優良住宅の基準をクリアしていますが認定を受ける必要があります。

光熱費を削減する
ネット・ゼロエネルギー住宅

エネルギー消費をネットでゼロにすることで、光熱費0円も可能に。
CO2の排出量を抑えることもでき、家計にも地球にもやさしい住まいとなります。

ENETOMOの家とは

住樂⼯房が加盟しているイノスグループの「ENETOMOの家」では、⾼気密・⾼断熱の住宅性能、太陽光発電などの最新設備、すぐれた設計アイデアが揃って、ゼロ・エネルギーのパフォーマンスを実現します。

ネット・ゼロエネルギー住宅とは

住宅内のエネルギー消費を抑え、同時にエネルギーを創ることで、家庭でのエネルギー消費量を差し引きでネット(正味)ゼロにする住宅です。経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注⽂⼾建住宅の過半数でZEH※を実現すること」を⽬標とし、住樂⼯房も平成29年8⽉現在、全国のハウスメーカー、⼯務店を中⼼に6,011社が登録しているZEHビルダーに登録し普及に向けた取り組みを⾏っています。

※ ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外⽪の断熱性能等を⼤幅に向上させるとともに、⾼効率な設備システムの導⼊により、室内環境の質を維持しつつ⼤幅な省エネルギーを実現した上で、再⽣可能エネルギーを導⼊することにより、年間の⼀次エネルギー消費量の収⽀がゼロとすることを⽬指した住宅」です。

住樂⼯房のZEH⽬標

住樂⼯房ではZEHの⽬標を以下に定め、環境にやさしい家づくりを推進します。※

2017年度2018年度2019年度2020年度
15%25%30%50%

※数値は全受託件数にける受託数ZEHの受注割合( Nearly ZEHを含む)です


・ZEHの周知・普及に向けた具体策
ZEH住宅に住むことのメリットや、弊社のゼロエネルギーハウスへの取り組みを分かりやすい資料にし、ホームページへの記載やモデルハウス来場時の説明を通して、お客様への周知・普及に努めます。

・ZEHのコストダウンに向けた具体策
ZEH仕様を標準化することにより商品・材料を絞り込み、また年間を通して発注量の安定化を⽬指し、発注元を集中させることにより、コストダウンを図ります。

・その他の取り組みなど
社内での定期的な勉強会の開催や、講習会等への積極的な参加を促すことにより、社員が常に最新の情報をお客様に提供できるよう努めます。また、⾃社で外⽪計算※を⾏い、お客様へZEHの具体的な説明が出来るようにします。
※外⽪計算とは「外⽪平均熱貫流率(UA値)」を算出する計算。熱損失量を外⽪(外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなど)⾯積で除して求める。数値が⼩さいほど性能が⾼いことを表します。

ZEH事業計画書

01. 高断熱・高気密で、燃費のいい家

独自の技術や設備で、断熱・気密性能を徹底的にアップ。夏も冬もエアコン2台程度で家中が十分に快適になります。エネルギー消費量が少なくても快適な、燃費のいい住まいです。


1.換気の際に熱を逃さない
エアコンなどで適温にした室内の空気を、換気によって逃してしまっては、エネルギーの無駄遣い。「ENETOMOの家」では、屋外の新鮮な空気を室温に近づけて給気する熱交換型換気システムを採用。換気による温度変化を最小限に抑えます。

寒さの厳しい冬も快適。
冬は、室温の暖かい空気を排出する際に、熱と湿気を回収しながら屋外の空気を温めて給気。年間を通して温度が比較的安定した床下に換気システムを設置しているため、より効率的な熱交換が可能になります。

夏はもちろん一年中が快適。
夏は、比較的涼しい1階床下の空気を利用し、室内へ給気。排気の際に捨てられる涼しさも回収しながら換気します。
気候の良い春や秋は、熱交換せず、心地よい屋外の空気をそのまま給気。花粉を99.8%除去する高性能フィルターの採用で、快適な空気環境が維持出来ます。


2.窓からも熱を逃さない
高気密・高断熱を実現する樹脂サッシを採用。窓も高断熱[Low-E]複層ガラスの約2倍の断熱性能です。結露の発生も大幅に抑え、カビやダニの心配も低減します。
窓からも熱を逃さない


3.住まい全体を魔法瓶化
住まい全体を魔法瓶化 低密度(100倍発泡)のウレタンフォームを外壁や屋根に吹付けて高断熱化。隙間なく充填できるため、長期にわたって高い断熱性能を維持します。また基礎部分まで断熱し、すっぽりと覆うことで、外気に影響されにくい住まいを実現します。

02. 太陽光発電で光熱費削減

太陽光発電
屋根にソーラーパネルを設置し、太陽光から電気をつくります。
つくった電気をご家庭で使うことで、光熱費を抑えることが出来ます。
使いきれずに余った電気は、電力会社に買い取ってもらうことが可能です。
また、災害の停電の際にも太陽光さえあれば電気を使うことが出来ます。

家庭用蓄電池
電気を蓄えておき、必要なときに必要な分だけ使うことが出来ます。
近年の防災意識の高まりや省エネ推進の動きから家庭用蓄電池の注目が集まっています。太陽光発電との相性も良く、組み合わせて使うことでライフスタイルや目的に合わせて太陽光売電量のアップや太陽光発電で賄えない時間帯の電気をカバーすることが出来ます。

03. 設計の工夫で、家中が快適な温度

技術や設備に加え、設計の工夫もプラス。エアコンなどで適温にした空気を、各部屋にスムーズに循環させることで、心地よさや暮らしやすさを実現しています。
技術+設備+設計によって暖気・来熱性を高め、快適性を追求。
エアコンなどの使用は最小限に抑えながら、家中を快適ゾーンにします。

モデルハウス展示会開催!
1月20日(土)、21(日)、27(土)、28(日)

住樂工房にご興味を持たれた方は...

お問い合わせへ

INOS アメブロ フェイスブック インスタグラム