住樂工房の流儀

みんなで楽しみながら語らい、それをカタチにする

「こんな家がほしかった」「住むにつれ良さがわかる」
住樂工房のデザインは、多くのお客様から高い評価をいただいてます。
美しくあること、機能的であること、くつろげる場であること、その調和をとことんまで追い求めカタチにする、それが住樂工房の「デザイン力」です。

風土

「高温・多湿」「多雪・寒冷」の北陸。この気候の中で、住まいはどうあるべきか。 季節を考え、立地の特性を見つめ、街並みとのマッチングを考える。 屋根の傾斜、庇の深さ、屋根や壁の色や素材… それらひとつひとつに「ワケ」がある。 風土と住まい、その関係を見つめる中から、住樂工房のデザインは生まれます。

外観と内観と

外から見たフォルムもさることながら、家の中からの景色にも心を配りたい。 リビングから、縁側から、ベランダ越しに…どのような「風景」をつくれるか。 外観と内観。 この二つを意識したデザインを心がけています。

インテリアコーディネート

お客様から圧倒的な支持をいただいている住樂工房のインテリアコーディネーション。 経験豊かなコーディネーターが照明、カーテン、壁、床、天井、家具、建具…室内空間の「すべて」をトータルにコーディネートします。 美しさと住みやすさ、機能性と耐久性、 プロならではのプランニング力は、きっとご満足いただけるものと確信しています。

「1cm」へのこだわり

例えば、スイッチの位置、階段の幅、アイランドキッチンの場所、そんなディテールにもとことんこだわるのが住樂の流儀。 「この壁面の位置、なんだか気持ち良くないんですよね」設計者は何度も何度も試行錯誤をくり返し、「こうでしかありえない」位置や配置、レイアウトを追い求めます。 住樂の家には、「1cmへのこだわり」があります。

素材で遊ぶ

天然木、和の伝統が息づく土壁、モダンな陶板、先進のセラミック素材…など、さまざまな素材の美しさや面白さを住まいの各所に取り入れるのも「住樂風」。 和と洋、伝統と現代、その融合をコンセプトに、遊び心を取り入れたデザインを提案します。

とことん「ベスト」へ

「これがベストか?」
「もっといいデザインがあるのではないか?」
プランを書いては消し、再び新たに描き出す。
そんな試行錯誤をくり返しながら
ベストのデザインへと近づいていく。
とことん考え、考え尽くす…
そんな「ねばり強さ」も住樂工房のデザインの流儀です。

モデルハウス展示会開催!
1月20日(土)、21(日)、27(土)、28(日)

住樂工房にご興味を持たれた方は...

お問い合わせへ

INOS アメブロ フェイスブック インスタグラム